口内炎に似た性病の特徴について

近年、性病の中でも感染率が非常に高いとされているのがヘルペスです。ヘルペスはヘルペスウイルスにより性行為などを通じて感染し、体内でウイルスを増幅させていきます。また、人に感染するヘルペスの種類として単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなどがあります。主な病気としては単純ヘルペスウイルス2型 は性器ヘルペスなどがあり、水痘・帯状疱疹ウイルスに水ぼうそう、帯状疱疹といった病気が分類されています。またそれ以外にもエプスタイン・バーウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルス6、ヒトヘルペスウイルス7、ヒトヘルペスウイルス8といったように種類や病状もことなる複数のウイルスが存在します。また性器ヘルペスのように性器に感染するヘルペスが感染者が一番多く、それ以外にも口唇ヘルペスなど性器以外にも口の中や目などにもヘルペスは感染します。また口内炎に似たような特徴をもつ症状もあり、判断が難しい場合もありますが、もし性行為時に性器を舐めたりという行為がある場合には検査キットなどを利用して性病の検査をしておくと良いでしょう。またもしそれが性病と判定された場合には、なるべく早急に治療を行いましょう。特にヘルペスの治療薬に効果が高いとされているのがバルトレックスという性病の治療薬があります。バルトレックスは即効性のある優秀なお薬です。またネット通販などを利用して海外から直接個人輸入することも可能ですので、もし病院へ行くのが嫌だという方はネット通販などを利用してバルトレックスのような性病治療薬を購入するのも良いでしょう。また少しでも不安の方は病院にて専門医師と共に治療を行うことをお勧めします。

ページの先頭へ戻る