夏に遊びすぎて性病、薬の価格で手が出ないと思ったら

夏は開放的な気持ちになりやすいことから、一晩限りの関係をもつ相手が増える時期でもありますがそのようなことをしていれば性病に感染をしてしまう可能性が飛躍的に高まってしまうことになります。
性病は誰か一人が感染をしていた場合、そこから次々に他の人にうつっていくことになるため、たった一度の性行為で感染してしまうということも少なくありません。

それを何回も繰り返していれば、いつかは性病に感染してしまうものですが、感染をしてしまった場合には自然治癒をすることがないので適切な治療をしなければならなくなってしまいますが、それにはお金がかかってしまうことになります。
性病の治療薬というのは医療機関でなければ手に入れることができないので、診療費などもかかり薬の価格以上にお金がかかってしまうことがあります。
特に保険などに加入をしていないという場合には、お金のことを考えて悩んでしまうこともありますが、そのような場合にはリスクはあるものの個人輸入という形を取れば、治療薬を手に入れることができます。

性病の治療薬は国内では一般に流通をしていませんが、海外から直接取り寄せるのであれば法律に触れることがないので安価で治療薬を手に入れることができます。
診察などを受けることなく直接治療薬が手に入るので、医療機関で入手する方法と比較をして薬の代金だけで済むのでずっと安い費用で入手することができるということになります。
ただし、当然自己責任となりますから体調に異変があった時などには誰かに責任をとってもらうということもないため、リスクが有ることを理解する必要があります。
そのため、原則としてはどれだけお金がないと言っても医療機関で処方をしてもらうようにするとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る