性病の感染経路

性病にはとても沢山の種類があり、感染経路もそれぞれ違います。全ての性感染症が性行為で感染するわけではありません。感染の基本となるルートは、体液と粘膜が接触するところにあります。すでに性病に感染している人の体液が、何らかの形でまだ感染していない人の粘膜に接触してしまうと、性病がうつってしまうということです。体液にも色々と種類があり、母乳、尿、血液、唾液、精液、膣液などです。この中でもより感染しやすい体液というのが、母乳、精液、膣液、血液になります。そして粘膜部というのは、肛門、膣、口内、ペニス、直腸などです。感染経路としては、性器挿入によるものはもちろんですが、オーラルセックスやディープキスなどで感染することもあります。性行為以外では、輸血から感染するものや母子感染などで性病に感染するケースもあります。性行為の場合は、コンドームを使うことによって防げる性病もありますが、性病の種類によっては防ぎきれないものもあります。ディープキスによる感染の可能性はそれほど高くはありませんが、梅毒という性病は感染する場合もあります。そして母子感染というのは、性病に感染している状態で子どもを出産することで、感染してしまうことをいいます。感染している母親の母乳を飲むことによって、そこが感染経路になり子どもも感染してしまいます。妊娠中は免疫力が下がっていて、性感染症にとてもかかりやすいです。この他に日本ではあまりありませんが、薬物の回し打ちによる感染経路もあります。何人もの人で同じ注射器を使うことによって、すでに感染している人のものがうつるということです。このように、性感染症にはさまざまな感染経路があるので、正しい知識を身につけておくことが大切です。

ページの先頭へ戻る