排泄物から感染の性病は溶連菌感染症より低リスク

性病は感染症として知られているもののうちで性行為を介して感染が広がる可能性があるものとして選ばれています。多くのものが性病として知られるようになりましたが、その感染経路についてはしばしば誤解があります。性器に感染していて、その性器と性器が接触する性行為をすることによって感染するという理解が基本となっていますが、それは必ずしも正しい理解ではありません。性病の種類によって状況が異なるからです。種類によっては性器やその周辺にあるできものに多く存在していて、それに接触することによって感染が広がるものもあります。また、性行為の際に分泌される体液に多く存在していて、それが相手の性器の粘膜や口腔粘膜などに接触することによって感染するものもあります。性行為中に作ってしまって傷などから出た血液もまた感染源となるものです。性行為の趣向として排泄物を使用する場合もありますが、排泄物中に病原体がいることも多く、それが原因で感染が広がることも知られています。こういった形で病原体が多い部分が接触することによって感染するのが性病感染における特徴です。しかし、子供の感染症として知られる溶連菌感染症のように飛沫感染が起こるということはほとんどありません。感染力がそれほど高くないことにくわえて、飛沫中にはそれほど多くの病原体がいることが少ないからです。空気感染の心配もほとんどなく、性病にかかっている人と日常生活を共にしても感染してしまうリスクというのはほとんどないと考えてよいでしょう。しかし、お風呂などのように裸になって物を触るような場所では物を介して接触感染を起こすリスクがあることは留意しておかなければなりません。

ページの先頭へ戻る