• 傷口から菌が入っても感染が成立しうる性病の実態

    2016年4月6日

    性病は性行為によって感染が拡大するものであるということが広く認識されています。性行為の際に放出される体液に原因となる菌が存在していて、それが性器の粘膜を介して感染を成立させることが多いため、そういった認識を受けることになっているのが事実です。しかし、多くの性病に関わる感染症では菌の感染経路は性行為に...

    記事の続きを読む